本文へ移動

スタッフblog「季の風」

RSS(別ウィンドウで開きます) 

生ける言葉、埋ける言葉

2020-10-28
先日、本を読んでいたら「火をいける」という表現が出てきた。
「いける」? 「生ける」だろうか。
「火を生ける」――火を起こすことを生け花にたとえた表現だろうか、と考えてみた。しかし、その後で、登場人物がすぐに寝てしまったので、どうも火を起こしたわけではないらしい。

こうなったら……教えてインターネット先生!
というわけで、検索。

「火を埋ける」――炭火を灰の中に埋める。
なんということだ。炭火を消すということか。想像と真逆ではないか。

念のため、手持ちの辞書で確認。

「埋ける」――火を消さないように灰に埋める。
え! 消さないの!?

インターネット先生、どうなってるの。
というわけで、再度検索。

炭に灰をかけて、火を長持ちさせることができる、とある。
なるほど。空気との接触を減らして、一気に燃え尽きるのを防ぐということか。
さらに、夜に灰に埋めた炭を翌日に種火として使う、とも書いてあった。
あの登場人物の行動の理由がここではっきりとわかった。

「埋ける」――日頃から炭を使う人なら日常語なのかもしれない。でも、数年に1回バーベキューで炭を使うかどうか、という程度の私にはなじみのない言葉だ。

そういえば、同じようなことが、昔あった。
地元の田園地帯から都会の高校に通っていた頃、――なぜそういう話になったのかは覚えていないが――「足がいぼって大変だった」というような話をした。
すると、クラスメイトはぽかんとして「いぼるって何?」と聞いてきたのだ。

え、「いぼる」は、「いぼる」だよ。
確かに方言だが、同じ県内だし、通じないわけないと思っていた。
なぜ、通じないのだろう。
「だから、『いぼる』っていうのは、田んぼとかに足がはまって抜けないことだよ」
なぜか爆笑が起こった。
「俺、いぼったことないもん」
えええぇぇぇ!!!
都会で生まれ育ったクラスメイトたちはいぼったことがないから、「いぼる」という言葉も知らなかったのだ!
ショック……。

そのあと、教室では「いぼる」が、ちょっとしたブームになった。
「いぼらないように帰れよ」
「今日は雨だからグラウンドでいぼるかもな」
まあ、すぐにブームは去ったのだが。

私たちのボキャブラリーは、生活様式に依存しているということだろう。
新しく生まれる言葉もある。
電子レンジが登場して「チンする」という言葉が生まれたはずだ。
一過性の言葉もあるだろうが、定着する言葉もある。
感情の高ぶりを表す「萌える」やSNSへの投稿を表す「つぶやく」などは定着した感がある。
一方で、「写メ」とか「KY」は、最近聞かなくなったような気がする。
使う言葉が移り変わっていくことは、ある程度仕方ないにしても、昔使っていた言葉を思い出すのも、まあ、たまにはチョベリグって感じだ。

僕たちがイーハトーブと呼んでいた中村くんちの物置の中
瓜角

自主的な読書のきっかけ

2020-03-31
大学進学とともに関西から上京したわたしにとって、神保町はザ・東京という感じで、おしゃれな場所というイメージを持っていました(今もそうですが)。大学も区内ではなく、友人と出かけるのも立川~吉祥寺の範囲が主だったので、神保町が都内のどこに位置しているのか…ということも、恥ずかしながら最近知りました。
無縁の場所だと思っていた神保町で働いていることに自分自身がまだソワソワしながら、出社しています。
そんな神保町について、一つ気づいたことがありました。神保町にはたくさんの本屋さんがあるということです。
神保町駅から職場に向かうまでにある本屋さんを目にしながら、ふと思い出したことがあります。高校生の頃、国語(現代文)の模試に出題された小説の全文が気になり、小説を求めて本屋さんに買いに行っていたということです。初めて自主的に小説を読もうと思ったきっかけでもあります。中には、問題として出題されている部分からは想像もできないようなヘビーな内容の本もありましたが、模試を受けるたびに新しい小説を紹介してもらっているようで、なんだか模試が待ち遠しくなっていました。それまで読書をあまりしてこなかったわたしが、読書をするようすを見て、両親も驚いていました。きっかけを与えてくれた模試には感謝しています。
買った本は今でも実家にあります。高校生の頃と今では、読んだときの受け取り方が異なるんだろうなあと思うので、今度帰省したときには、久しぶりに読んでみたいです。
紀伊

国語教材制作ならあいげん社

2020-02-25
以前、取引先の方から、「国語でまとまった量をご依頼したいときは、まず御社が浮かびます」と言われたことがありました。
弊社では、社員全員が国語教材の制作を行うため、「国語教材制作ならあいげん社」と認めていただけるのは、うれしいことですし、これまで積み上げてきた実績の成果だと感じます。「これまでの積み上げ」というのは、私が入社する前もそうですし、入社後の日々も含まれます。
思えば、入社して最初の頃の私は、先輩方の原稿・編集術をひたすら学ぶ日々でした。何をどう、どこまで書いていいのか、周りが見えずに悩んでいたなと振り返れば思います。
そうしていくうちに、自分の中での教材作成の方法が見つかりました。それは、ひたすら完成形を思い描くことです。まず、子供の元に届く、そして解く姿をイメージする。そして、書くべきことややるべきこと、もしくはやらなくてもよいことなどを選んで執筆・編集する。それを、教材の進化に合わせて、思い描く完成形を少しずつ変えながら作り上げていった10年間だったように感じます。
入社から約10年。弊社への「国語教材制作への信頼感」を保ち続けながら、次の方々にバトンタッチできることに、安堵しています。
これからも、あいげん社の国語、算数、その他教材へのプロフェッショナルとしての活躍を期待しています。

寒梅

聴覚の影響

2019-09-05
 新たな職場では、一日中ラジオが流れている。実を言うと、このラジオが密かな仕事の楽しみになっている。そして思い出したのは、私がラジオをとても好きだったことだ。
 
 小学6年生の夏、初めて「自分の部屋」というものができた。当然、自由を得た私は勉強もせず延々TVゲームしていたわけだが、そのお供にしていたのがラジオだった。好きだった番組は数多くあったが、印象的だったのは劇作家を名乗る女性のラジオだった。あいにくインターネット環境もなかったので、その女性について調べることができず番組内で語られる内容しか知ることができなかった。よって「謎多き女性」というそのミステリアスな感じに()きつけられ、楽しみにしている番組のひとつとなった。番組は1年間の放送で終了してしまったので、非常に残念に思ったことを記憶している。そうしていつしか好きな番組がなくなってしまったことで、私はラジオから距離を置くようになった。
 
 そして時は()ち、大学では文学部に所属した私は、授業の課題や、趣味で小説を読むことが多くなった。教職を志していたため、読書量を増やさないと、と思っていたからである。そんな大学4年の冬、大きな文学賞発表のニュースを何気なく見ていたら、聞き覚えのある名前が聞こえた。あのラジオ番組の女性の名前である。衝撃だった。そして当時の思い出と、文学部なのに賞レース候補者すらチェックしていない自らの不肖さへの羞恥とが襲ってきた。そんな複雑な感情が一気にこみ上げてきたことにより、私は激しく狼狽(ろうばい)したのであった。
 
 それからというもの、私は真面目に近現代文学の勉強をするようになった。おそらく小説というものに向き合う必要があることを感じたのだと思う。今では知識も増え、いろんな読みの可能性を模索できるようになった。そんな成長のきっかけになったのは、大げさに言えば、ラジオの女性のおかげだったのかもしれない。
 
 そう考えれば、ラジオが私に与えた影響というのは、他のメディアよりも大きなものだったように思える。耳で得る情報というのは目で見るよりも、人の印象に残りやすいのかもしれない。
緑樹

紙の辞書を引く

2019-05-07
 この頃、仕事で漢字に関わることが多く、いつも漢和辞典を傍らに置きながら作業しています。高校のときにはもう、電子辞書にお世話になり始めていたし、最近はインターネットで調べれば大抵のことは分かるし、紙の辞書を使うのは、下手すると10年ぶりくらいかもしれません。
 
 紙の辞書といえば、私は小学生のころ、家においてあった国語辞典で遊ぶのが好きでした。国語辞典で調べたい語句を引き、その説明文に載っている単語を調べて、またその単語の説明に載っている単語を調べて……と続けていきます。自分の知っている言葉でも、辞書ではどうやって説明されているのだろう? と興味がわいて、いくらでも続けていられました。同じように、類義語が説明に載っていたら、その類義語を調べ、その類義語の説明に載っている類義語をまた調べて……と、類義語の類義語の類義語の……とやっていくと、最初に引いた言葉に戻ってくることもあって、それも面白くて辞書遊びを繰り返していました。
 
 調べたいことに関連したことをどんどん調べていく、というのは、今ならスマホでもできますが、ずっとスマホをいじっていると、なんだか無駄な時間を過ごしたような気分になります。やっていることは同じなのになぜなのか。辞典を引く面白さは、新しいことを知る、ということ以外に、辞典をパラパラめくって探していき、だんだん調べたい言葉に近づいていって、やっと見つける、という過程にあるのではないかと思います。スマホだと、調べたい答えがすぐに見つかって、その過程が楽しめません。紙をめくって探していく楽しさは、紙の辞書ならではだと思います。
 
 紙の辞書を久しぶりに使ってみて、その魅力を改めて思い出しました。
株式会社あいげん社
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-3-5
小林ビル3F
TEL.03-5280-7197
FAX.03-5280-6020
0
0
1
0
8
2
TOPへ戻る