本文へ移動

スタッフblog「季の風」

RSS(別ウィンドウで開きます) 

出藍の誉れ

2017-04-27
 私は以前、ある中高一貫校で教員をしていて、ある運動部の顧問をしていた。そのときの教え子から先日連絡があった。
「今度の大会が高校最後かもしれないんです。先生、見に来てください」
 競技経験のない私の指導は実際見よう見まね以上のものではなかったが、彼らは持ち前の純粋さで、私の浅はかな教え以上のものを自ら学習し、どんどん上達していった。それが、5年前の話だ。
 
 高校3年生になった彼らは、背が伸び、顔がいくらか大人びて、声変わりをして、頼りがいのある「先輩」になっていた。
 ルールも道具の使い方も知らず、しかるとすぐに泣いていた少年・少女は、もう大人になろうとしていて、希望と闘志にあふれた顔はとても凛々しかった。
 私に「〇〇大学を志望している」とか「将来は△△になりたい」とか、そういうことを嬉々として語る彼らが、私はひたすら誇らしかった。
 
 卒業生も数名応援に来ていた。今大学に通っているという。高校の頃は校則で禁止されていたパーマや染髪を施し、いかにも大学生という風体になった彼らもまた、希望と向上心で胸を膨らませた立派な好青年になっていた。
 
 子供の成長にはいつも目を見張る。私が彼らにしてあげたことなどないに等しいが、彼らは大人の予測を超えるスピードで、大人の予測を超える高みへと登っていく。それは、とてもすがすがしいことだ。
「出藍の誉れ」という言葉がある。弟子が師匠を超えることをいう。私はずっと、この「誉れ」は弟子の誉れなのだと思っていた。しかし、違うだろう。この「誉れ」はきっと師匠の誉れだ。
 
 この大会で、ある者は途中で敗退し、ある者は県大会出場を決めた。
 実力の世界だ。努力が実らなくても仕方ない。しかし、自分を信じて努力する姿は、美しくさえあった。
 
 あと2年で彼らも二十歳になる。そしたら、酒か飯でもおごってやろうと思っている。
 
  勇み行く君の背を見て奮い立つ まだまだ負けるつもりなどない
瓜角

うれしいやりとり

2017-04-20
 出産してからあっという間に5か月が経ちました。 わが子は日に日に成長しており、「そんなに急がなくてもいいよ。」と思いながら、過ごしております。
 
 子がぐずぐずしているときは、歌って、踊って、手遊びをして、絵本を読み聞かせて、試行錯誤しながらご機嫌をとっているのですが、小さいながらに好みというものがあるようで、「これ好き!」という反応を示すものがあります。
 絵本だと『しましまぐるぐる』(柏原晃夫/学研プラス)と『だるまさんが』(かがくい ひろし/ブロンズ新社)です。本を開くと、絵をじぃーっと見てから、「これ楽しいね。」と言わんばかりの表情で私の方を見てきます。「これ好きなのね。楽しいね。」と言いながら、そのやりとりがうれしくて何度も繰り返し読んでしまいます。
 
最近、そんなわが子と散歩をしていると知らない方から話しかけられることがよくあります。「何か月?」「かわいいわね。」「大変だろうけどがんばって!」と。しょっちゅう知らないおばさまに応援されています。この子がいることで生まれた、これまたうれしいやりとりです。 そのひとつひとつをほくほくと胸に抱えながら、「明日もがんばろう。」と思うのでした。
鳥馬

先達はあらまほしきことなり

2017-02-27
「沢」とは何か、とふと思った。
名字にはよく使われているが、説明しろと言われたら、言葉に窮してしまう。
小さい川? 渓谷? 湿地? 湿地ってなんだ? 私が行ったことがある場所に、沢や湿地はあったのだろうか。
 
「浦」とは何か、とふと思った。
亀を助けた太郎君はあまりにも有名だが、そもそも浦と島が両立するものなのか、私にはわからない。
浜? 磯? 入り江? 入り江ってなんだ? 博識な人は「ここは浦じゃなくて浜だ!」と思うことがあるのだろうか。
 
「麓」とは何か、とふと思った。
いつか富士山に登ってみたいのだが、何合目までが麓なのかわからないと、かなわないのではないかと思っている。
下の方? 山麓? すそ? すそってなんだ? 登山家は「ここからが麓だ!」とわかるものなのだろうか。
 
ふと思うことが最近少なくなった、とふと思った。
私の見聞が広がったのだと胸を張れればいいのだが、そうではなく、知らなくても困らないとわかってしまったからだ。
「沢は沢。浦は浦。麓は麓。それでいい。」知らないということを忘れてしまったら、私は何を知っているというのだろうか。
 
だから、私は“ふと思うこと”をやめたくないと思っている。
知らなくても困らないことをたくさん知っていることはとてもかっこいいことだと思っている。
かっこいい人間になりたい、と思っている。
 
「あなたって物知りなだけ」不機嫌な君を笑わす術は知らない
瓜角

国語の教材を制作してみて…

2017-02-14
 2017年も1か月が経ちました。

 先日、センター試験が行われ、2月に入り、受験シーズンとなりました。受験生にとっては今まで勉強してきた成果を発揮する機会となります。自分自身の受験では、受験科目ではない科目を見直していて付き添いの親に怒られたり、受験の当日かなりの確率で雪が降ったり……いろいろな思い出があります。

 

 国語の教材を制作している会社で働いているので、国語の受験勉強についてどんなことをしていたのかと振り返ってみました。思い出してみると、受験勉強では漢字や四字熟語、慣用句など知識事項などを覚えることくらいしかしていませんでした。読解にあまり力を入れなかった理由として、記述では書き方によって答えが一つではなく、答えが何通りも出てくるので、一生懸命勉強しても点数が上がるわけではないと感じていたからです。

 

 実際に国語の教材制作に関わってみて、読解の記述問題を作成するのにも、「問い方」や「答え方」を工夫して、答えが散らばらないように考えられていることがわかりました。このように答えさせたいから、設問文で誘導しようとか、この問い方だといろいろと答えが出てしまうから、字数を制限しようとか、記述でも出題者の答えに近くなるようにしています。

受験勉強をしていたときは、「記述問題なんて勉強する意味がない」という気持ちしかありませんでした。実際に問題を作成する側に立って、テストは出題者のさまざまな工夫によって、受験者の努力が反映されるように作られているということに気づくことができました。

 

 このように、今まで勉強してきた努力は報われるので、自分を信じ、受験生もこれから受験勉強を始める人も最後まで諦めずに頑張ってほしいと思います。


寂しい言葉

2017-01-25
 年末年始は毎年帰省することにしている。新幹線のほうが飛行機よりも風流だと思っているから、毎回長旅をして帰る。本当は鈍行とか寝台列車のほうがオツなのだろうが、そこまで時間をかけるのは飽きっぽい私にはできなそうだ。
 
 途中大阪で降りる。友人もいるし、何より5時間も新幹線に乗っていては尻が痛くなる。私はビジネスホテルの部屋に荷物を置いて、こわばった体を伸ばすと、大阪に住む友人と街へ繰り出す。都会の街並みなど、日本全国あまり代わり映えしないものだが、周りから大阪の言葉が聞こえてくると、「大阪に来たんだな」という感慨が湧いてくる。
 大阪の言葉でいう「よう……せん」の「よう」は、漢文でよく出てくる「能く」だろうか、などと考える暇もなく、友人との楽しい会食は進み、夜が更けていく。
 大阪には住んだこともないのに、つい周りの言葉につられてイントネーションが変になってしまうのをおかしく思いながら、そのうち、友人が息をしているだけでおもしろくなる。
 友人はいつまでも友人だからおもしろい。
 
 翌日、昼くらいの新幹線でさらに西へ向かう。新幹線から降り、在来線を乗り継いで、結局実家に着くのは夕方だ。とにかく、ここぞとばかりにごろごろしながら過ごす。
 我が家では毎年1月2日に親戚が集結する。
 正月にしか会わない大叔父・大叔母たちにひととおりからかわれながら、空の一升瓶を増やしていく。
 そういえば、最近、地元に帰ったときに、方言が聞き取れなくなってきた。実際、もし大叔父たちの会話がテレビで放送されるとしたら、十中八九字幕がつくだろう。言葉を忘れたわけではないが、自分でもなぜ聞き取れないのかわからない。
 上京して10年を超えた。あと数年で、実家で過ごした年月を上京してからの年月が超してしまう。
 
 言葉は自分が生きている場所を強く意識させる。聞き慣れない言葉は私をわくわくさせ、耳慣れた言葉は私に“居場所”を思い出させる。しかし、慣れ親しんだ言葉が聞き慣れない言葉になっていくとき、私のなかに言い知れぬ“寂しさ”が生まれる。
 私は「帰り」の新幹線のなかで、室生犀星の「小景異情」を思い出したが、ちょっと違うかと思い直した。
 
   東京の言葉はいつもしたたかに冷たい笑顔ですり抜けていく
瓜角
株式会社あいげん社
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-3-5
小林ビル3F
TEL.03-5280-7197
FAX.03-5280-6020
0
0
0
4
2
7
TOPへ戻る