本文へ移動

心に残る名文

第30回 いろは和歌【よ】 在原業平「世の中に」『伊勢物語』より

2022-04-06
いろは和歌シリーズ、今回は「よ」で始まる一首を紹介します。

世の中にたえてさくらのなかりせば春の心はのどけからまし
 (岩波書店「伊勢物語」)

この世の中に、まったく桜というものがなかったなら、春の人の心はのどかであったことでしょう。

桜を詠んだ和歌の中でも、有名な一首でしょう。『古今和歌集』にも採られています。

『伊勢物語』の八十二段、惟喬これたか親王しんのうの別邸である渚の院で「馬のかみなりける人」=在原業平ありわらのなりひら(825年―880年)によって詠まれた歌として登場します。

日本の春の象徴として咲き誇る桜、花盛りにあってもどこか陰りのつきまとう桜、時に怪異を生む桜、あっというまに散っていく桜。
桜にはさまざまな文学上のイメージがありますが、現代の私たちも、無意識にそれらを背負って桜を見上げているのかもしれません。
株式会社あいげん社
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-3-5
小林ビル3F
TEL.03-5280-7197
FAX.03-5280-6020
0
4
7
0
1
5
TOPへ戻る