本文へ移動

心に残る名文

第28回 いろは和歌【わ】 参議篁「わたの原」『古今和歌集』より

2022-03-07
いろは和歌シリーズ、今回は「わ」で始まる一首を紹介します。

わたの原 八十島 やそしま  かけて漕ぎ出ぬと人には告げよ 海士 あま  の釣り舟
(岩波書店「古今和歌集」)

(私は)海原に多くの島を目指して漕ぎ出していったと、人に告げておくれ、漁師の釣り船よ。

小倉百人一首に収められている一首。
「参議篁」は官位による呼び名で、作者の名は小野篁(802年―853年)。
漢詩や書に優れ、政務にも長けた人物でした。
昼は朝廷で、夜は冥府の 閻魔 えんま  大王のもとで仕事をしていたという伝説もあり、『 今昔物語集 こんじゃくものがたりしゅう  』などの説話集にもその名が登場します。

この歌は、作者が天皇の怒りにふれ、流罪にあった折に都の親しい人を思って詠んだものとされます。
広い海にぽつんと浮かぶ舟という景色から、作者の孤独と強い念とが伝わってくるようです。
福井
株式会社あいげん社
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-3-5
小林ビル3F
TEL.03-5280-7197
FAX.03-5280-6020
0
4
7
0
1
6
TOPへ戻る