本文へ移動

スタッフblog「季の風」

贈りもの

2016-10-03
二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
(谷川俊太郎編『祝婚歌』書肆山田)

吉野弘さんの「祝婚歌」の一部です。私が結婚したときに、小学校時代の恩師から 「この詩を贈ります」と書かれた付箋が立った詩集をいただきました。
そんな素敵なプレゼントの存在を忘れて過ごし、1年が経とうとしていました。
私達夫婦は共働きですが、できることなら家事は私が担当したくて、洗濯、掃除、料理はすべて私がやっていました。

ところが今年の春先に妊娠してからは、思うように仕事も家事もこなせなくなってしまったのです。
さらには妊娠中期に「切迫早産」と診断され、なるべく安静にして過ごさねばならなくなり、どんどん自分の思うように生活できなくなっていきました。
そんな中でも、おなかの子は着々と成長していました。
「赤ちゃんの聴覚は発達し、既に外の音が聞こえるようになっています」 という時期に突入したとき、外の音が聞こえているなら何か読み聞かせをしてあげようと思い、本棚から詩集を取り出し、声に出して読みました。
そこで再びこの詩の「完璧をめざさないほうがいい」を読みながら、気持ちが楽になっていくのを感じました。
妊娠してからというもの、おなかの子からは教わることばかりです。この詩に再び出合い、考え方を見直せたのも、 この子のおかげだと思っています。
学生のとき、ある教授がおっしゃった 「『子育て』は、『子育てられ』でもある」が、既に始まっているようです。
鳥馬
株式会社あいげん社
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-3-5
小林ビル3F
TEL.03-5280-7197
FAX.03-5280-6020
0
0
1
0
3
6
TOPへ戻る